企業にとって顧問弁護士は必要だと思いますか?

「はい」と答えた人の意見

  • いざという時に専門家に相談した方が速く解決できると思う
  • もしもなにか起きた時、頼れるのは顧問弁護士なのではないか
  • いざという時のためにすぐに相談でき、早期に問題が解決できる可能性があるから
  • その企業にあったサポートができるし、法律での問題はいつでも起こりえることだから
  • 信頼できる相手に頼むのが一番だと思うからです
  • 困った時のよき相談役になると思います企業には必要だと思います
  • 何かトラブルが起きたときに、通常営業と平行して行うのは作業効率が下がると感じるため
  • 何か問題が起こったときに、対処してもらう必要があると思うからです
  • 何かあったときに問題にすぐ対処できる準備をして損はないから
  • 困ったときだけでなく専門家の意見を定期的にきくほうがよいから
  • もしもの時に備えて信用出来る弁護士さんは必要だと思う
  • 最近は様々な顧客がいるので、安心のためにも必要だと思います
  • 企業にとってどんなトラブルがあるか分からないし、社員にとっても安心だから
  • なにかあった場合に、企業だけでは対処できないことがほとんどだから
  • 自分側の立場になって答えてくれるので、弁護士は必要だと思う
  • なにか問題が起こったときに必要だと思います
  • なにかあったときに自分の仕事の内容などを分かっているかたがいれば早期のトラブル解決に繋がると思うから

「いいえ」と答えた人の意見

  • 顧問弁護士がよくわからない
  • そこまで大切だと感じない
  • 企業に属した事がないからあまりわからないし、興味がない
  • 問題が発生した時に、その都度頼んでいれば問題ないと思います

PR:企業法務|ブレークモア法律事務所

まとめ

今回、企業にとって弁護士は必要かとアンケート調査したところ、そのほとんどが「必要である」という回答となった。その理由として、万が一の問題はいつ起きるかわからないため、「顧問弁護士」は必要という意見が大半でした。
企業における問題は複雑な要因が絡み、対処しきれない事態が発生する可能性への不安から解放と、大きな安心を得るための手段として、企業に関わらず、多くの人々が弁護士を頼りたいと感じていることが見える結果となった。

Recent Posts

Recent Comments

Archives

Categories

PAGETOP
Copyright © 顧問弁護士の必要性 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.